エンボス加工

凸感を表現する加工です。材料の表面に文字や絵柄などを浮き上がらせることによって陰影を作ることで平らな紙などを立体的に浮き上がらせることができます。 箔押し加工をより立体的に見せたいときは、箔押し+エンボス加工で表現します。印刷や箔押しとあわせて使用することでいろいろな表現ができます。 輪郭をきっちり表現したり、丸みを帯びさせ たりと、お客様の要望にあわせて、自在に 表現します。

>

お客様の「シール印刷物に立体感を出したい」「箔押しと一緒に加工してほしい」というご要望にお応えいたします。

用途
シールの素材自体は高価な物を使用せずとも、立体的なものは人の印象に残りやすくデザインの主役として存在感のあるシールに仕上げにすることができます

ギフト用のラッピング用途に


商品ロゴに特徴を出したい


エレガントな雰囲気に仕上たい

当社のエンボス加工の特徴

薄紙から厚紙まで対応

様々な種類の紙へ、エンボス加工いたします。紙の粘り・コシなど材質によって対応できる厚さは違いますが、弊社の設備を駆使してお客様のご要望を実現いたします。

箔押しとエンボスが同時に加工できます

箔押しとエンボス加工を同時に加工できる版をつくることができます。これにより、お客様の「箔押しにエンボス加工をしてほしい」というご要望に柔軟にお応えすることができます

ディールにこだわるエンボス加工

弊社では、エンボスの立体感、質感にこだわっています。限界までの浮き出しや、微妙な立体感、多様なデザインなど、細部までこだわり加工いたします。他とは一味ちがうエンボス加工をご提供いたします。

※シール素材をプレスして凹凸を付けるので、細かすぎる文字や絵はつぶれてしまうことがあります。 PETやPP素材のシールは弾力性があるため、エンボスが消えてしまいますので使用できません。 糊面も凸凹になり粘着力が低下してしまうので、あらかじめ強い糊を選択しておく必要があります。

By

ボタン e-catarogボタン-お問合せ
ツールバーへスキップ